てんつくマン本気です☆力を貸してくださーい♪


てんつくマン、めっちゃ本気です!
2007年から日本が、そして世界が変わります ^_^
みんなで一緒に、動けば変わるよ〜☆ YES is LOVE ☆ YES is POWER

TEAM GOGO ! 2007参加者募集!!
なにをするかと言うと、夏至の時に4900万部(日本の世帯数)の号外を作って配ります。
なんでそんな無謀な挑戦をするかと言うと、やっぱり地球温暖化を止めたい。
だってやっぱり希望のない地球を子供達に残すなんて嫌やから。
そして、もう一つは、青森県の六ヶ所村に出来た核燃料再処理工場が11月に本格稼動する
と言われてるけど、今の技術のまま稼動すれば、大量の放射能が海や空に捨てられる、
その量は、チェルノブイリの事故の10倍と言われている。
消えることのない放射能を出し続ける工場を稼動させるのは、
これまた子供達に申し訳なさすぎる。
本格稼動すると、青森、岩手、宮城の米、野菜、魚は放射能で汚染されるという。
そんなのは嫌やから、これもまず、みんなに伝えたい。

「私達は何かを決めるとき、七代先のことを考えて決める」
これがネイティブアメリカンの生き方。ちなみに7という数字はいっぱいっていう意味。「七代先のことまで考えながら決める」という素敵なものさしで考えると、いろんなことが見えてくる。
いつも思うのが、目の前に現われる問題と言われるものは本当は問題ではなく、
問題はその原因にある。目の前に現われる問題というモグラを叩いても、
なんの問題解決にはならない。

「問題を解決したいならば、形や外を見るのではなく、自分自身を見ること」

地球温暖化と六ヶ所再処理工場の共通点。
「目に見える形は違えど、原因は同じ」それは、自分自身のライフスタイル。
一人一人の生き方、ライフスタイルが産んだもの。
だから、モグラに餌をやりながら、モグラ叩きゲームをしてもしょうがない。
モグラを否定するということは、自分自身を否定することとも言える。
生き方を変えない限り、これからも次々に大きな問題という課題が人の前に現われる。
でも、忘れないでほしい。問題は問題ではなく課題であり、ピンチはチャンスである。
今という課題をきっかけにみんなで成長すれば素晴らしい。
実際に「みんなでちょっと動けば変わる」世の中は変わる。

でも、動く為に必要なのは、知ること。
現実を知る、心が動く、動き方を知る、ちょっと動く。
こうなるように、まず、一人でも多くの人に現実も希望の生き方も全部、
知ってほしいと思い、豪快な号外を創ることにした。

ちなみにこの豪快な号外を創るチームをTEAM GOGO(豪快な号外)2007とした。

4900万部の号外の内容は、地球温暖化の事実や今、世界で起こっていることを伝え、
そして、未来が希望に変わるライフスタイルをいっぱい伝えようと思っている。
一人でも多くの人がライフスタイルを変えると、六ヶ所どころか、原発もいらなくなる、
っていう、未来予想図も描く。

この号外の中身の地球の情報をネットワーク地球村の高木さんが了承してくれ、
新しいライフスタイルの提案の部分を田中優さんが担当してくれ、
「絶望に効く薬」の漫画家の山田玲司さんが漫画で分かりやすく伝えてくれ、
編集長をジャイカの国際平和大使をしている歌人、田中章義がやってくれることになり、
ミネハハねえやんも、歌うわよーーって前面バックアップ体制を了承してくれた。

今回のプロジェクトは、予算が5億円前後かかる。
その資金を500人のサムライ〜百万番長〜という100万円を集めてくれる番長を探していたら、
中村文昭が本気でやる「俺にもっと頼ってくれ」って言ってくれ、
ナチュラリープラスのトップリーダー「池松こうじ」さんも
「楽しいことはなんでもやるよ」と笑ってくれた、
また、友人の地球マンは、春からの就職をやめてまで、
このプロジェクトの関東地区を動くと声をかけてくれた。

阪神大震災の時のリーダー山田バウさんは、逆にこんなことを言ってくれた。
「六ヶ所の再処理工場ぐらい俺一人で止めたるから、
てんつくはもっとその先の大きい所を見とけ!」
「何回も言うぞ、再処理工場ぐらい、俺一人で止めたるから、その先を見ろ」と。
begood cafeのシキタさんもとにかくいろんな人に声をかけてくれてはる。
この豪快な号外の言いだしっぺ、中村隆市さんも走りまわっている。
もちろん、おいらも走りまわっている。小豆島にもこの号外用の宿舎も借りた。電話もひいた。
ホームページもこれから作ってゆく。準備がどんどん整ってきた。

「イメージ」
この号外を配る夏至の日は、夜の8時〜10時まで電気を消してろうそくの日で過す
キャンドルナイトの日。去年は500万人以上が参加したという。
イメージはその日の朝や昼、号外が豪快にまかれる。
そして、その夜、8時から1000万人以上の人が電気を消してろうそくの火をかこみながら、
号外を見ながら、話あう。
「そうか、地球温暖化ってここまで進んでるんやね」
「知らないことばかりだったね」
「でも、ここに書いてるよ、みんなでちょっと動けば変わるって」
「私、これ出来るわ」
「私、明日、電気屋さんに行って、省エネの電球買ってこよう」
「みてみて、非電化冷蔵庫があるんやって、私、それ買おう」

一人一人が未来を想像しながら今と向き合って、
一人一人が自分の意思でなにを選択するかを決めてゆく。
次の日には、電気屋さんに人が並び、省エネ電球をはじめ、省エネ製品がどんどん売れる。
そして、数ヶ月もすると、ハッキリと日本の電気の消費量が急激に落ちる。
それがきっかけとなって、未来への意識が高まって、動く人がドンドン増える。
原発がいらなくなってゆく。
ちなみに、全世帯がたった一個電球を、省エネの電球に変えるだけで、
なんと、日本から車が92万台消えるぐらいCO2が削減できる。
スイッチつきのコンセントをつけて、待機電力をゼロになったら、
今、日本にある55機の原発の5機が必要なくなる。

ほんまにみんなでちょっとという、YESという動きが重なるとき、
BIG LOVEに変わる。YES is LOVEだ。

そして、数十年後、いや、数百年後、こんな言葉が聞こえてくる。
「2007年から変わったんだよな」そう言われる2007年をぜひ一緒に作ってほしい。
TEAM GO GO ! 2007大作戦に参加してほしいです。

今から10年も前の話、おいらがゲストハウスで管理人をしてた時、
マクロビオティックという食事、健康法を提唱している久司道夫さんと、
政治家の政策を考える人との会合があった。二人とも70歳を越えていた。
その二人の会話がほとんど、100年先の日本のことだった。
百年後、当然二人はこの世にはいない。しかし、ずっと遠い未来のことを熱く語り合い、
そして最後には「これからも頑張りましょう」しわくちゃの手、二つが強く握手していた。
めっちゃかっこよかったし、しびれた。こんなじいちゃんになりたいって思った。

みなさんいよいよ、出番がきましたぞ。やってみましょう。
世界の学者達が地球温暖化はもう止まらないという数字を出している。
でもね、あきらめる必要はないねん。だって、すべてはやらなきゃ分からない。
だって、今日まで世の中でどれだけ奇跡が起こってきたと思うの。
それを、世界中の素敵な人が本気で動きだすんやで。奇跡が起こらないわけがない。
その奇跡の始まりが2007年6月22日、でっかい花火を一緒に打ち上げましょう。

下の書き込みにつづく〜 ^_^
f0100423_1631448.jpg

[PR]
by ippo-saiki | 2007-02-19 16:31 | お知らせ


大分県佐伯市を中心に活動する一歩プロジェクトのブログです。楽しいことを楽しもう。動かにゃ変わらん!


by ippo-saiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
イベント
お知らせ
スタッフ雑記
ひとりごと
アホで良し
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 07月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

奈良美智の日々

メモ帳

ライフログ

百姓 赤峰勝人の野菜ごはん

感動無き続く人生に興味なし



「ニンジンから宇宙へ」―よみがえる母なる大地

ボクは炭焼き職人になった―怒濤の独立編

ボクは炭焼き職人になった―修羅場の修行編

最新のトラックバック

検索

タグ

(19)
(9)
(8)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧